葬儀の受付に関する費用は

葬儀の際に必ず必要になってくるのが受付です。家庭や地域によってご近所や会社のひと、少し遠い親戚などにお願いする場合もありますが多くは喪主の会社のひとを選んでいます。どちらにせよ受付は2人以上で行うようにしましょう。これは泥棒行為を避ける目的もありますが、混雑やトイレなどを考えてもこの人数が適切です。しかし大きめの葬儀式場など大人数で葬儀を行う場合、受付は小さな部屋を割り当てられ、そこで芳名帳の管理をすることもあります。お礼に関して迷った場合、渡しておいた方が無難と言えます。熨斗袋に「お礼」と書いて三千円くらい包んで渡すのが一般的ですが、近しい人や相手が会社の人間だった場合には3000円程度の菓子折りでも問題ありません。このときの費用は相手が恐縮しない程度の値段にしておきましょう。そして初七日までに行うようにします。また当日は、普通の弔問客よりも早く到着するのでお茶だしなどは忘れないようにしましょう。企業で頼む場合には、費用は料金プランに含まれていたり、別途費用で依頼するのが一般的です。企業によって設定が異なっていることもありますので、細かな費用を知りたい場合は直接問い合わせするようにしましょう。

葬儀の基礎情報

↑PAGE TOP