• トップ /
  • 葬儀での受付の挨拶について

知っておきたい葬儀のマナー

葬儀の手伝いで、受付を頼まれることがあります。近所の人や会社の関係者など手伝いを申し出ると何らかの役割を当てられることが多くありますが、その中でも受付係は重要です。やり方についてはある程度の指示は出ますし、実際に手伝いながら教わることもできますが、葬儀における受付は遺族の代わりに弔問に着た人に最初に応対するのですから、きちんとした挨拶をすることが求められます。どのような挨拶がふさわしいのでしょうか。大切なのは、遺族に代り挨拶をするということです。葬儀の場ですから、笑顔は見せないようにします。弔問客がお悔やみの言葉を述べたら、「ありがとうございます」「ご苦労様です」「本日はお忙しい中お越しいただきありがとうございます」などのお礼の言葉を言います。遺族の立場に立ってお礼を言うようにして下さい。弔問客が香典を出されたら、「お預かりします」「ありがとうございます」などと言って必ず両手で受け取って丁寧に一礼します。香典袋の表書きを確認して、名字だけの場合はフルネームを確認するようにして下さい。葬儀ではまず最初に受付に人が集まりますから、丁寧な応対は重要なことです。遺族の代わりに挨拶をするということを忘れないようにして下さい。

葬儀の基礎情報

↑PAGE TOP