• トップ /
  • 葬儀で受付をするときの服装

基本は葬儀の参列者と同じ服装

葬儀で受付を頼まれたときはマナー違反にならないように服装にも注意することが大切です。受付の服装は基本的には一般の参列者と同じ男性であれば黒のスーツ、女性であれば黒のスーツまたはワンピースのセットアップで問題ないと言われています。葬儀の受付であるため、男女ともアクセサリーは身につけないようにしましょう。女性の場合、忘れがちな足下も服装と同じように注意を払う必要があります。葬儀では喪服に合わせて黒のパンプスを履きますが、日常でしようしているものは代用できない場合があるため専用のパンプスを1足用意しておくと良いでしょう。新しく購入する場合は、光沢がなく先が丸まっているタイプのパンプスがおすすめです。ヒールの高さも葬儀の場であることを意識して高すぎず低すぎない5センチ程度を目安に、四角く安定感のあるものが良いでしょう。また、ストッキングは肌が薄く透ける程度のものが葬儀に相応しいとされており、あまりにも濃いものはカジュアルな印象になるため避けるようにしましょう。法要を行なう場所によっては靴を脱ぐ可能性もあるため、足下にネイルをしている場合は忘れずに落としておくことも大切です。落とすのが難しい場合は上からベージュのネイルを塗り、目立たないようにしましょう。

葬儀の基礎情報

↑PAGE TOP